結局、プログラミング言語の習得は必須なの?プログラミング教育の疑問をスッキリ解消

プログラミングに関する疑問・質問

2020年度から小学校でプログラミング教育が必修化されます。「これからの子供たちはプログラミング言語の習得が必須になります」という人もいれば、「プログラミング的思考の育成が目的で、プログラミング言語を覚える必要はないよ。」という人もいます。

果たして、これからの子供たちはプログラミング言語の習得が必須なのでしょうか?

鍵はロードマップ

混乱や誤解を解く鍵は全体を俯瞰することです。文部科学省が推進しているプログラミング教育・情報教育は小学校で終わりではなく、小学校 〜 中学校 〜 高校とロードマップがあります。大学入試、大学まで含めて簡単に見ていきましょう。

小学校

2020年度からプログラミング教育が必修化されます。

小学校のプログラミング教育は「コーディングを覚えることでなく、プログラミング的思考を育成すること」が目的とされています。特定のプログラミング言語を覚えるは必要ありません。

必修という言葉が誤解を生んでいますが、単独の教科ではなく、算数・理科・社会・音楽といった従来の教科にプログラミングを使った内容を取り入れる形で学びます。

「(任意ではない)全員必修のクラブ活動」のような位置付けで、文部科学省指定の教科書で学ぶのではなく、何を学ぶかも各学校に任せられています。

詳しくは小学校プログラミング教育の手引を参照ください。

中学校

中学ではすでに必修ですが、2021年度から技術・家庭で学ぶ「情報の技術」が拡充されます。

中学校学習指導要領(平成29年告示)では、「ネットワークを利用した双方向性のあるコンテンツのプログラミングによる問題の解決」や「計測・制御のプログラミングによる問題の解決」について学ぶとされています。

「計測・制御システムの仕組みを理解し、安全・適切なプログラムの制作、動作の確認及びデバッグ等ができること」とされているので、(初歩的な内容ではありますが)中学ではじめてプログラミング言語を学習をすることになります。

詳しくは 平成29年改訂 中学校学習指導要領解説:文部科学省を参照ください。

高校

2022年度に共通必履修科目「情報I」、さらに選択科目の「情報II」が新設されます。

「情報Ⅰ」では,プログラミング,モデル化とシミュレーション,ネットワーク(関連して情報セキュリティを扱う)とデータベースの基礎といった基本的な情報技術と情報を扱う方法とを扱うとともに,コンテンツの制作・発信の基礎となる情報デザインを扱い,更に,この科目の導入として,情報モラルを身に付けさせ情報社会と人間との関わりについても考えさせる。

出典:高等学校学習指導要領解説 情報編(PDF)

このように「情報I」にはプログラミング学習が含まれています。つまり、高校では全員がプログラミングを学ぶことになります。中学での学習を前提に応用・実践的な内容になるでしょう。

大学入試

高校で全員必修になるため、大学の入学試験にプログラミングなど情報科目を導入することが検討されています。

政府は17日(2018年5月17日)に開いた未来投資会議で、大学入試センター試験に代わって導入される「大学入学共通テスト」に、プログラミングなどの情報科目を導入する方針を確認した。

出典:大学新入試にプログラミング 首相「現代のそろばん」:日本経済新聞

上の記事によると、2024年度の大学入学共通テストから情報科目の導入が検討されているようです。これからの子供たちは、大学入学試験でプログラミングに関する技能を試されることになるかもしれません。

大学

大学では文系・理系を問わず、全大学生が人工知能(AI)の初級教育を受けることが検討されています。

文系や理系を問わず全大学生が人工知能(AI)の初級教育を受けるよう大学に要請し、社会人向けの専門課程も大学に設置する。

出典:政府、AI人材年25万人育成へ 全大学生に初級教育 :日本経済新聞

大学入学時点でプログラミングなど基礎的な情報技術を有しているものとみなす、ということでしょう。

結局、プログラミング言語の習得は必要なの?

答えはもう明らかですね。

「プログラミング的思考というのを学ぶだけで、プログラミング言語を覚える必要はないよ。」というのは、小学生(中学生)のうちだけです。これからの子供たちにはプログラミング言語の習得が必須になります。

ICT(情報通信技術)の重要性が今後ますます高まることを踏まえると、この流れは今よりもっと加速していくかもしれません。

子供の成長に合わせるのが重要

最後に盛り下げるようで恐縮ですが、プログラミングにはものごとを抽象化できる論理的思考が必要不可欠です。脳が十分に発達していない子供(主に小学生)に本格的なプログラミング言語を教えると、苦手意識を植えつけるだけになる可能性もあります。

いたずらに焦ることなく、子供向けプログラミング学習環境 Scratchなど、発育に応じた教材を提供することが重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です