新しくなったScratchの画面の見方について(Scratch3.0)

Scratch3.0のユーザーインターフェーズ

2019年1月に子供向けプログラミング言語学習環境Scratch(スクラッチ)は2.0から3.0にバージョンアップされ、画面構成が一新されました。新しいScratch(Scratch3.0)ではどのような画面になったかのでしょうか?各部分の名称や役割を簡単に説明します。

新しい画面

Scratchの画面は大きく7つの部品(枠)に分かれています。

Scratch3.0のユーザーインターフェーズ

Scratchは子供でも直感的に操作できるよう設計されています。自然と覚えてしまうのは問題ありませんが、各箇所の名称等を無理に暗記する必要はありません。

本格的なプログラミング言語は暗記など到底できない膨大な機能があります。さらに必要なソフトウェアやツールは頻繁にアップデートされ、機能や画面が変わります。暗記学習の習慣がついてしまうと、将来的な挫折につながる危険性があります。

各部分の詳細

1から7まで順に見ていきましょう。

1. ツールバー

画面の一番上にあるツールバーでは以下のようなことができます。

  • 言語の切り替え
  • プロジェクトの保存や読み込み
  • 削除してしまったスプライトやブロックの復元
  • チュートリアル学習
  • プロジェクトの共有と管理
  • アカウント管理(ログイン時)

「チュートリアル」をクリックすると、Scratchの操作や機能を動画で学ぶことができます。音声解説付きなので、チュートリアルを見るときには必ず音を出しましょう。

言語の切り替え

日本語、英語、中国語といった切り替えだけでなく、すべてひらがなで表示される子供用の言語設定があります。小学校低学年のお子さんと一緒に使うときには「ひらがな」を選択しましょう。

Scratch3.0言語設定

Scratch3.0言語設定 にほんご ひらがな

2. ブロックパレット

ブロックパレットには様々なコードブロックがあります。Scratchではこれらのコードブロックをすぐ右のスクリプトエリアにドラッグ&ドロップすることで、プログラムを作っていきます。

3. スクリプトエリア

スクリプトエリアはブロックコードを組み立てる作業場で、一般的なプログラミング言語でいうソースコードに相当します。といってもScratchではコードの記述は不要で、左のブロックパレットからブロックをドラック&ドロップするだけです!自由に組み立ててみましょう。

スクリプトエリアではマウスの右クリックも重要で、配置したブロックの複製や削除などができるので試してみましょう。

4. ステージ(ステージエリア)

ステージ(ステージエリア)では作成中のプログラミングを実行して結果を確認できます。キャラクター(正確にはスプライト)や背景を設定すると、ステージ上に反映されます。

5.スプライトリスト(スプライト・インフォ・ペイン)

スプライトリスト(スプライト・インフォ・ペイン)ではスプライト情報を管理します。スプライトの位置を変更や追加・削除を行うことができます。

スプライトとは?

「スプライト(Sprite)とはプロジェクト内で何らかのアクションを行うオブジェクトである」と定義されていますが、何のことやらサッパリわかりませんね。しかし例を見ると一目瞭然、とても簡単です。

スプライトとは?

猫のキャラクター、リンゴ、サッカーをしている女の子がスプライトです。簡単に言ってしまえば、スプライトとはプログラム中の登場人物(キャラクター)やモノのことです。

6. ステージリスト

ステージリストでは背景の選択や変更ができます。※ステージリストという呼び方は暫定です。今後名称が変わるかもしれません。

7. バックパック

バックパックはプロジェクト内のスプライトやスクリプトをドラッグ&ドロップで簡単に保存できる会員限定機能です。※バックパックは会員限定機能のため、サインイン(ログイン)していないと表示さません。

同じスプライトやスクリプトを何度も使い回すときに、バックパックが役に立ちます。

お疲れ様でした。新しくなったScratch3.0の画面の見方については以上です。ここで紹介した以外にも色々な機能や画面がありますので、ご自身の手で色々と試してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です