必修!Scratch の座標とステージ幅の基礎知識

Scratch でスプライト(キャラクター)の位置を指定したり、移動させたり・・・ちょっとしたプログラムを作ろうとすると、座標の知識が必要になります。Scratch 3.0 の座標とステージのサイズについて学びましょう。あわせて背景画像を作るときの注意点も学びます。

座標や負の数(マイナス)は、中学の数学で習います。Scratch に必要なのは座標の基本だけとはいえ、小学生には難しいかもしれません。親・先生がフォローしましょう。

Scratch の座標とステージサイズ

座標

Scratch では「X座標」と「Y座標」の2つの座標で、ステージ上のスプライトの位置を決定します。X座標は横方向の位置を、Y座標は縦方向の位置(高さ)を決めます。

Scratch 3.0 の座標とステージのサイズ
図1. Scratch 3.0 の座標

図1のようにステージ中心は X座標 0 、 Y座標 0 つまり (0, 0) です。

X座標は中心から右側にいくと正の値(プラス)、左側だと負の値(マイナス)になります。右端のX座標は 240、左端は -240 になります。

Y座標は中心から上側にいくと正の値(プラス)、下側だと負の値(マイナス)になります。上端のY座標は 180、下端が -180になります。

ステージのサイズと比率

ステージのサイズは横480、縦360。横と縦の比率は 4対3(以下 4 : 3)です。

背景画像を作るときの注意点

Scratch では写真や絵をアップロードしてステージの背景にすることができますが、サイズや比率が正しくないと、ピッタリおさまらないので注意しましょう。

横幅と縦幅の比 4 : 3

横480px 縦360px(4 : 3)の画像をアップロードして背景にすると、図2のようにステージにピッタリとおさまります。

Scratch3 で 4:3 の画像を背景に設定
図2. 横幅 480px 縦幅360 px の画像を背景に設定

縦横を2倍の大きさにした横960px 縦720px(4 : 3)の場合でも、図3のようにピッタリとおさまります。このように横幅と縦幅の比率が 4 : 3 の写真や絵だとステージにピッタリとおさまることを頭に入れておきましょう。

480px * 360 px の背景画像
図3. 横幅 960px 縦幅720 px の画像を背景に設定
[追記]
ただし、横幅と縦幅の比率が 4 : 3 であっても、横480px 縦360pxよりも小さいと、ステージに余白ができてしまいます。図4は 横400px 縦300px を指定した場合です。

図4. 横幅 400px 縦幅300 px の画像を背景に設定

4 : 3 でない場合

横幅と縦幅の比が 4 : 3 でない場合はどうなるでしょうか。横1280px 縦720px(16 : 9)の画像をアップロードして背景に設定すると、図5のように余白ができてしまいます。

Scratch3 で 16:9 の画像を背景に設定
図5. 16:9 の画像を背景に設定

以上をまとめると、「横と縦の比が4対3で、横480px 縦360px より大きい画像だと、ステージの背景にピッタリとおさまる」ということがわかります。

この記事のプログラムは https://scratch.mit.edu/projects/314844338/ で確認することができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です